最近読んだ本

田坂昻『数の文化史を歩く』

田坂昻『数の文化史を歩く―日本から古代オリエント世界への旅』(風濤社 1993年) 数についての本の続き。久しぶりにわくわくする読書の楽しみがありました。何に惹きつけられたか考えてみると、古代の宇宙観・世界観を日本、中国、狭義のオリエント、西洋に…

郡司正勝『和数考』

郡司正勝『和数考』(白水社 1997年) 宮崎興二の数尽くしのような記述が面白かったので、数に関する本を本棚から引っ張り出してきました。20年ほど前に一度読んだことのある本ですが、まったく忘れているので再読しました。20年前の読書ノートでは、「博覧…

森豊『聖なる円光』

森豊『聖なる円光』(六興出版 1975年) 形についていろいろ読んできましたが、この本でいったん終えます。今回は、円が象徴する図像として、聖像の頭部や背後を飾る円光を取りあげた本です。日本に仏教が渡来してからの光背の形がどのように移っていったか…

篠田知和基『日本文化の基本形〇△□』

篠田知和基『日本文化の基本形〇△□』(勉誠出版 2007年) 篠田知和基の形についての本は、以前、『ヨーロッパの形―螺旋の文化史』(2011年7月7日記事参照)を読んで以来。その本と同じく、いろんな例証が次から次へとくり出されてきますが、違う例があるよう…

宮崎興二のかたちに関する本二冊

宮崎興二『プラトンと五重塔―かたちから見た日本文化史』(人文書院 1987年) 宮崎興二『なぜ夢殿は八角形か―数にこだわる日本史の謎』(祥伝社 1995年) 『プラトンと五重塔』を先に読みました。ずいぶん前にタイトルに惹かれて買っていた本。先日読んだ「…

杉浦康平『かたち誕生』

杉浦康平『かたち誕生』(日本放送出版協会 1996年) 今回は、ブックデザイナーによる「かたち」論です。NHK教育テレビで放送された「人間大学」というシリーズのテキスト。こんな放送があったのは知りませんでした。ブックデザイナーとしての著者ならではの…

高木隆司『「かたち」の研究』

高木隆司『「かたち」の研究』(ダイヤモンド社 1980年) 今回は、形を物理から考えるという本です。ふだん理系の本を読むことのない私ですが、この本は、うたい文句に、「日常生活の言葉で物理学を語る、美術系や文科系の学生のための数式のない教科書をつ…

「形の文化誌〔4〕―シンボルの物語」

形の文化会編「形の文化誌〔4〕―シンボルの物語」(工作舎 1996年) 「かたち」に関する本を続けて読んでいます。今回は不思議な雑誌を読みました。理系と文系が入り交じった、専門の異なる諸氏によるさまざまな味わいの論文やエッセイが隣り合って並んでい…

球体に関する本二冊

高知尾仁『球体遊戯』(同文館 1991年) 高橋睦郎『球体の神話学』(河出書房新社 1991年) 球体という同じテーマについて書かれていますが、内容はまったく別のものです。『球体遊戯』は、西欧の15~16世紀の寓意画を素材にして、ギリシア哲学からキリスト…

中村禎里『回転する円のヒストリア』

中村禎里『回転する円のヒストリア』(朝日新聞社 1979年) 中村禎里という著者についてはまったく知りませんでしたが、理系と文系が融合したような随筆で、面白く読めました。「数理科学」という雑誌に連載されたものを中心にまとめています。理学部ご出身…

M・ルルカー『象徴としての円』

マンフレート・ルルカー竹内章訳『象徴としての円―人類の思想・宗教・芸術における表現』(法政大学出版局 1991年) 「十字」と「渦巻」の次は「円」についての本です。円による文様は装飾のもっとも古いモチーフのひとつであり、また古来より、円はさまざま…

パスカル・キニャールの二冊

パスカル・キニャール高橋啓訳『めぐり逢う朝』(早川書房 1992年) パスカル・キニャール吉田加南子訳『音楽のレッスン』(河出書房新社 1993年) キニャールの作品は、ずいぶん昔に、端正で詩的な文章が目にとまって、『辺境の館』というのを読んだことが…

大和岩雄『十字架と渦巻』

大和岩雄『十字架と渦巻―象徴としての生と死』(白水社 1995年) 10年近く前に、螺旋や渦巻についての本を何冊か読み、このブログでも感想を書きましたが、その続きで、形についての本を何冊か読んでいきたいと思います。まず、面白そうなタイトルのこの本か…

アルベール・カミュ『ペスト』

アルベール・カミュ宮崎嶺雄訳『ペスト』(新潮文庫 2020年) 奈良日仏協会の催しで、「カミュ『ペスト』を読む」という講演会があったので、原作を読んでおこうと手にしました。最近のコロナ騒ぎに見られる社会現象を考えるうえで参考になるかなという関心…

中平解の回顧随筆二冊

中平解『霧の彼方の人々』(清水弘文堂 1991年) 中平解『冬の没(い)りつ日』(清水弘文堂 1993年) 前回読んだ『フランス語學新考』の戦前の文章と比べると書き方がずいぶんやさしくなっています。中平解が晩年に人生を振り返って、主に人との交流の思い…

中平解『フランス語學新考』

中平解『フランス語學新考 改訂版』(三省堂 1943年) 著者が1935年に最初に書いた本の改訂版。この後、もう一度改訂しているようです。初歩の文法では些末なこととしてあまり説明されないが、実際の読書ではひっかかるような27の表現を取りあげて、本国の文…

中平解のフランス動植物随筆二冊

中平解『風流鳥譚―言語学者とヒバリ、その他』(未来社 1983年) 中平解『鰻のなかのフランス』(青土社 1983年) この二冊は、中平解のなかでは、『郭公のパン』と並んで、かなりまともな随筆の部類ではないでしょうか。『語源漫筆』や『フランス語博物誌』…

中平解『フランス文学にあらわれた動植物の研究』

中平解『フランス文学にあらわれた動植物の研究』(白水社 1981年) フランスの小説からの原文の引用が大半を占め、550ページもあるうえに細かい字で印刷された大部の書。いつもフランス書を読む時間枠を使って何とか読み終えました。引用している文章は比較…

中平解のフランス語語源解説4冊

中平解『フランス語語源漫筆』(大学書林 1958年) 中平解『フランス語語源漫筆(2)』(大学書林 1961年) 中平解『フランス語博物誌〈植物篇〉』(八坂書房 1988年) 中平解『フランス語博物誌〈動物篇〉』(八坂書房 1988年) 中平解の語源随筆の続きです…

中平解の語学随筆二冊

中平解『言葉―風土と思考』(芳文堂 1943年) 中平解『郭公のパン―ことばの随筆』(大修館書店 1955年) 先日読んだ『日本の名随筆 香』のなかの中平解「フランス文学と花」を読んで、フランスの小説がたくさん引用されていたのに驚いたので、しばらく中平解…

朱 捷『においとひびき』

朱 捷『においとひびき―日本と中国の美意識をたずねて』(白水社 2001年) 引き続き香りについての本。今回は、中国人で日本在住の研究者が、日本の匂いと中国の響きに関する感じ方考え方の比較を行ったものです。来日して、「におい」に関する微妙な使い方…

北原白秋晩年の二冊

北原白秋「香ひの狩猟者」(『白秋全集23』〔岩波書店 1986年〕所収) 北原白秋『薄明消息』(アルス 1946年) 先日読んだ塚本邦雄編『香―日本の名随筆48』に収められていた白秋の文章がすばらしかったので、「香ひの狩猟者」を読み、さらに同時期に書かれた…

塚本邦雄絡み、香りの本二冊

塚本邦雄『芳香領へ―香気への扉』(ポーラ文化研究所 1983年) 塚本邦雄編『香―日本の名随筆48』(作品社 1988年) 塚本邦雄が香りについて書いた本と、塚本邦雄が香りに関する随筆を編集した本の二冊です。『芳香領へ』は、芳香の花、悪臭の花、香辛料とな…

コンスタンス・クラッセンほか『アローマ―匂いの文化史』

コンスタンス・クラッセン、デイヴィッド・ハウズ、アンソニー・シノット時田正博訳『アローマ―匂いの文化史』(筑摩書房 1997年) 香りについてこれまで読んできたなかでは、好事家的な興味だけでなく、幅広い視野を持ち、人間生活との関係を歴史的社会的に…

香りについての二冊

山田憲太郎『香談―東と西』(法政大学出版局 1981年) 諸江辰男『香りの歳時記』(東洋経済新報社 1985年) 山田憲太郎は小川香料、諸江辰男は高砂香料と、ともに香料会社に勤務していた方で、山田憲太郎は22年勤務の後に大学での研究の道に進み、諸江辰男は…

村山貞也『人はなぜ匂いにこだわるか』

村山貞也『人はなぜ匂いにこだわるか―知らなかった匂いの不思議』(KKベストセラーズ 1989年) 読み始めて、前回読んだ『匂い遊びの博物誌』に比べると、緻密で科学的な書きぶりだと思いましたが、それは最初の部分だけで、あとはきわめて文学的、事例の羅列…

高藤由明『匂い遊びの博物誌』

高藤由明『匂い遊びの博物誌』(現代出版 1986年) しばらく香りについての本を読みます。これはボードレールの詩に南洋の果実や香料の単語がたくさん出てきたので興味が湧いたからです。最初は読みやすそうな本からと思い、「メディアジャーナリスト」と紹…

川島昭夫の二冊

川島昭夫『植物園の世紀―イギリス帝国の植物政策』(共和国 2020年) 川島昭夫『植物と市民の文化』(山川出版社 1999年) ともに私の古本の師であり友人であった川島昭夫さんの本。『植物園の世紀』は遺著ですが、収められた論稿を実際に執筆した時期は1989…

山田兼士とヒドルストンのボードレール論

山田兼士『ボードレールの詩学』(砂子屋書房 2005年) J・A・ヒドルストン山田兼士訳『ボードレールと「パリの憂愁」』(沖積舎 1991年) これで、ボードレールについて書かれた単行本で私の所持しているものは最後です。今年1月から半年間ずっとボードレー…

ベンヤミン『ボードレール』

ヴァルター・ベンヤミン川村二郎/野村修/円子修平訳『ボードレール』(晶文社 1975年) そろそろボードレール関係の本を読むのにも疲れてきました。頭が朦朧としてきたのか、意味がつかめない文章がたくさんありました。とくに「セントラル・パーク」の箴言…