井本英一『輪廻の話』

 f:id:ikoma-san-jin:20190520195138j:plain

井本英一『輪廻の話―オリエント民俗誌』(法政大学出版局 1991年)

 

 井本英一の本は、『古代の日本とイラン』、『飛鳥とペルシア』に次いで読みました。この二冊は2014年12月30日の記事で取りあげていますが、その時書いているのと同じ感想を持ちました。次から次へと奇妙な面白い事例が紹介されるその多さにびっくり。思い出したようにどんどん出てきます。少し関連づけながら次へと移って行きますが、どちらかというと、例のソシュールの用語で言うと範列的で、構造的な理解は進みません。前回読んだキャンベルの『宇宙意識』は、数少ない例を挙げながら全体を考えているという意味で、連辞的と言えるでしょうか。

 

 似たような事例をまとめて紹介していますが、すべてが関連があるように考えるのは、推理が働きすぎているような気がします。偶然似かよっているということもあり得るのに、そこに関連を見ようとするのは、民俗学にありがちな一種の病癖とも言えるのではないでしょうか。読み物としては好奇心をそそられわくわくして面白いものですが。

 

 この本はイランを中心に、インド、中国、日本など東洋の宗教・儀礼・風習・民話のなかに出てくる共通のテーマを紹介しながら、その意味をさぐったもので、学会誌など専門的な雑誌に発表したものと(Ⅰ部)、一般向きに新聞に書かれたもの(Ⅱ、Ⅲ部)を収めています。どんなテーマかを羅列してみると、魂の転生(輪廻思想、動物の皮を被る風習、変身合戦)、ふくべ=ひょうたん=ひさご(中空に異世界を見る、ひさごの呪性)、七夕(男女の交わりの日、再生の日)、羽衣(異類通婚、神と人との婚姻、井戸のそばで女性に逢うモチーフ、妻選び)、境界(二つの社の形式、境界石)、水の女神(アナーヒター、母子神)、ミスラ→ミトラ→ミフラク弥勒、みそぎ(生命の水、脱皮)、正月の風習(キリスト教ユダヤ、古代イラン、中国)、とんど(ヨーロッパの火祭り、イランのサダ祭、中国の寒食、灯火祭、東大寺の修二会)、まだまだありますが疲れてきたのでこの辺で。

 

 読んでいて懐かしかったのは、『西遊記』のなかの二つの事例。ひとつは変身合戦で、悟空が真君と闘うときに雀―鷹―鵜―海鶴―海老―蛇―丹頂鶴―野雁などいろいろな動物に変身し合い、また牛魔王芭蕉扇をめぐって闘争した時も、白鳥―鷲―鷹―黒鳥―白い牛と変身し合います。もうひとつは、ひょうたんの口を空に向けて開け、人を呼び「応」と返事をすると、その人を中に吸いとるという赤いひょうたんの話。

 

 不勉強で知らなかった、いくつか面白い断片的情報を引用しておきます。

天皇大嘗祭で天の羽衣を着用して水につかり、それを脱ぐ儀礼がある。羽衣は本来は多くの鳥の皮を縫い合わせてつくった衣服・・・それを着て脱ぐことは天皇への魂の移転を意味していた/p24

七夕は・・・七月十五日の盂蘭盆の導入部としての再生の日であった/p84

大麻を使用して幻覚をおぼえ他界を遍歴する物語は、すでにアケメネス朝代に成立/p107

境界石の本体である柱石の下には、そこを通る者が、一個ずつ石を置いて行った。この習俗は、ギリシアをはじめ、広い地域でみられるケルンのそれである/p149

弥勒は、仏教梵語ではマーイトレーヤ・・・マイートリーはミトラの派生語・・・漢訳されたときは、イラン語の呼び名が写音された・・・ミフラクがそれで、ミーラク、ミーラグとも実際には聞こえた/p151

日本書紀』によると・・・百済から鹿深(かふか=甲賀)臣が弥勒の石像を一軀もって帰来し・・・境界石として戸口に祀られた・・・甲賀三郎譚は、もとは、甲賀氏が百済からもたらした、境界神弥勒にまつわる冥界めぐりの話/p152

東方教会では、一月六日はキリスト生誕日・・・西方教会ではキリスト生誕日は十二月二十五日に移行し、ギリシア教会では一月六日は洗礼祭として固定したが、アルメニア教会では一月六日は現在でもクリスマスであり洗礼祭の日である/p167

古代オリエントでは春分が新年とされ、その伝統はイランによって引き継がれている。この暦では冬至が冬のはじめの十月一日になり、春分が一月一日になる/p178

人間の赤ん坊には舌の下がわにもう一つの小舌があるが、大人になると退化する/p226→ほんまかいな

日本でも昔は正月にも祖先が帰ってきた・・・祖先を供養し、交換・共食することで自分のからだにも祖霊の力を移した。この力は年玉といわれたもので、人間どうしの間でも贈与された/p248

J・キャンベル『宇宙意識』

 f:id:ikoma-san-jin:20190515152501j:plain

J・キャンベル鈴木晶/入江良平訳『宇宙意識―神話的アプローチ』(人文書院 1991年)

 

 古代の宇宙観に関連した本を引き続き読んでみました。キャンベルの本は、20年ほど前に、『神話の力』と『生きるよすがとしての神話』の二冊を読んだ記憶があります。当時の読書ノートを見てみると、東西の宗教思想や民族神話に対する知識の該博さに驚いていることと、そこに生き方の知恵を求める姿勢と柔らかい語り口に共感している様子がうかがえました。この本も、講演の記録をもとにしているので喋り言葉で分かりやすく書かれていました。

 

 いくつかの点で驚きましたが、ひとつは、著者が旧約聖書およびユダヤ教、ひいてはキリスト教のある一面に対して激しい憎悪を抱いていることです。聖書のなかに、他民族を殺戮し掠奪することを正当化するような文章があること、またキリストやキリスト教の聖人たち、聖母マリアでさえ、掠奪を重ねる軍隊の守護神に変えられていることを指摘し、その了見の狭さを厳しく叱責しています。

 

 もう一つは、現代の物理学も考察の射程のなかに加えている幅の広さです。現代物理学では宇宙を、180億年前のビッグバン以来膨張を続け、おびただしい数の渦巻型銀河がたがいに遠ざかりつつあるものと捉え、中心のない相対論的性格があるとしていますが、キャンベルは、すでに東洋の宇宙観にそのような見方があったことを指摘し、「いったい誰が宇宙の数を数えることができようか・・・これらの宇宙は頼りなげな小舟のように浮かんでいる。偉大なヴィシュヌの身体の毛孔と同じように、宇宙の数も無数であり、その一つ一つが神々を数知れず宿している」(p64)という紀元5世紀ごろのインドの物語の一節を引用しています。

 

 全体からうかがえることは、著者の東洋的な神秘主義への嗜好です。古代においては、全体との調和を重んじ、世界は円環的な時間のなかで充足していましたが、イランに起こったゾロアスター教が善と悪を峻別し終末を予言する二元論的宗教観を持ちこんだことによって、直線的な歴史的時間が始まり、闘争や努力、情熱をよしとする倫理観が生まれたとしています。著者はそれに対して、善と悪は時間的な幻影にすぎず、これまで悪を根絶しようとしたことでしばしば恐るべき悪夢を世界にもたらすことになったと、善悪を対峙させる考えを否定しています。

 

 いくつか印象に残った指摘がありました。曲解をまじえてまとめると次のようなことでしょうか。

①神話と夢を動機づけているのは、同一の精神生理学的な源泉であり、それは人間の想像力にもとづいている。神話の物語やイメージは、字義通りにではなく、隠喩として読まなければならない。芸術作品に接したとき人々が直観の中に残っている元型を感じ心が揺さぶられるように、神話にも太古の記憶を取り戻させる働きがあり、その神話を知ることによって、共同体の成員が精神と感情の両面で結束し、調和のうちに生きるよう仕向けるものである。

②人生の後半になって生涯の歩みを思い返すと、その当時は偶然と見えた出会いや出来事が、人生を築いてゆく決定的な要因になったということ、自らがこの人生を意図的に作り上げたわけではなく、これらの出会いや出来事が自分に潜在していた可能性を促してきたということに気づく。同様に、世界史のコンテクストそのものが、こういった相互的影響が織りなす広大な網の目なのであり、時間を通じて展開する人々の運命によって構成されているわけである。

③芸術作品は、生の祝祭のただ中にあって生に対して否と言うことができない。英雄の人生の盛りにおける死であっても、運命を非難すべきものとして描くのではなく、その悲しみを超えて運命が肯定されるのだ。この肯定そのものにおいて、精神は死の恐怖の彼方へと運ばれ、恐怖をぬぐわれ、浄化されることになる。これがカタルシスという悲劇の効果である。

 

 恒例により気に入った神話的イメージを引用しておきます。

杖でその像に触れようとして、杖を左から右へと振ってみた。杖はただ虚空を打っただけだった・・・次に彼が杖を右から左へと振ると、杖は像に触れた・・・こうして彼は、神が形をもちながら、同時に形なきものであることを悟った(ラーマクリシュナ)/p92

一つの存在者が夢見る大いなる夢・・・同時にその夢をすべての人物がともに夢見る・・・いっさいは相互にからみあい、適合しあうのである。網の中の宝石の各々には他のすべての宝石が映っているという、インドの「宝玉の網」のイメージは、この思想に照応・・・さらにこれと似たイメージに、仏教の「縁起」の説があります/p156

理解がない者によってのみ理解される、すなわち、理解する者はすべて、それを知らない。知る者によって知られない者、それは知らない者によって知られる(ケーナウパニシャッド)/p164

自然は私たちの外部にあると同時に、私たちの内部にもある・・・芸術はこの両者の境界にある鏡なのです/p186

吉村貞司の本二冊

f:id:ikoma-san-jin:20190510163147j:plain f:id:ikoma-san-jin:20190510163214j:plain

吉村貞司『原初の太陽神と固有暦』(六興出版 1984年)

吉村貞司『日本神話の原像』(泰流社 1980年)

 

 古代の宇宙論への関心の延長で『原初の太陽神と固有暦』を手に取り、ついで『日本神話の原像』を読みました。吉村貞司は初めてですが、語り口の異様さに驚きました。文学青年風の感情過多の文章で、岡本太郎を彷彿とさせます。生命力を称揚する姿勢には共感しますが、表現が過剰、もう少し節度が欲しい。神話のストーリーを下手な通俗小説的な描写に置き換えて説明しているところは、こちらが恥ずかしくなるくらい。

 

 勢いで書いているために、叙述に論理的な簡素さがなく、重複が多いのが欠点。とくに、『日本神話の原像』の後半では、こちらが日本神話をあまり覚えていないせいもあるが、詳しい説明がないまま神話の物語が引用され、火の神やムスビの神など、神の名がたくさん出てきて頭が混乱してしまいました。調べてみると、著者はドイツ文学から出発して、雑誌の編集者となり、その後大学教授となって日本美術を中心に研究された方のようで、それで通説に囚われない大胆な物言いになっているということが分かりました。ストレートに育ってきた国学者歴史学者に対抗心を抱いているようにも感じられました。

 

『原初の太陽神と固有暦』を読んだのは、ちょうど平成から令和に移行する時期で、大嘗祭のことなども報じられていたので、興味深く読めました。この本で主張されているのは、古代の日本は太陽を中心とした世界観だったが、中国から新しい世界観が入ってきてせめぎ合いが生じたということで、それを、いくつかの点から論じています。

①一つは暦で、持統天皇以前は冬至を元旦とする太陽暦を採用していて、新嘗=大嘗=即位式冬至は一致していたが、中国から太陰暦が導入されて混乱に陥ったこと。

②古代の日本は日の出と日没の東西の線が中心で、その線に沿って、奈良春日山―生駒草香山―旧生国魂神社(磐舟神社、石山本願寺大坂城)、河内往生院―四天王寺西方浄土、伊勢―奈良―淡路、法隆寺―竜田神社―住吉大社などいろんな線が引かれ得る。また伊勢神宮春分秋分の日出日没をつらねた太陽の縦線にぴったり沿って建てられているという。一方、中国では不動の星北極星への信仰にもとづく南北の線が中心であった。

③しかし、直接太陽を祭祀する儀礼祝詞は今日ほとんど残っていず、一種の太陽祭祀であった八十島祭も廃絶し、天照らすを名乗る神社はたくさんあったが今栄えているのは伊勢神宮を除いてない。かろうじて太陽は黄金に姿を変えて民話などに形跡をとどめている、とする。

 

 他にも、春日一族や日下一族、物部一族、ワニ族などの家系に関する話があったりしましたが、私には正直よく分かりませんでした。私の住んでいる生駒周辺の地名が頻出していたのは嬉しく思いました。

 

 『日本神話の原像』で強く主張されているのは、日本神話が縄文の感性や精神に貫かれているということで、縄文は、血や糞尿にまみれ、恥部をさらけ出し、残忍で非合理な世界であるが、生命の根源に根ざすエネルギーに満ちたものであり、それが原日本的な姿であるとしています。

 

 もう一つの論点は次のようなものです。日本神話の女神は冥界に住み性と死にかかわり合う異様な存在で、主体的積極的であるのに対し、男神はスサノヲを除いて、ごくまっとうな現実的な存在として描かれている。これは現実においても、男が女性のもとへ許されて通うという女性優位の社会であったためで、略奪をもっぱらとする父性系の他国とは異なっていた。そうした母系社会が記紀成立頃から崩れてきたが、中国からの儒教の伝来が原因ではないか、ということです。また、日本神話では、火と水が重要な役割をしていることも指摘していました。

 

 神話的なイメージでは、雷は、「稲妻」というように、稲を孕ませ実らせる男性的なエネルギーであり、雷光がひらめき大地がおののくのは天と地が交接していると考えたこと(p181)。八岐大蛇の八つの頭、八つの尾は太陽の放射状の光線であり、退治されることは、滅び去る古い太陽神を意味していること(p184)。父神が火の神カグツチを斬ってほとばしった血の飛沫の付着したところすべてが燃えるという情景。暗闇の中で岩石が燃え、草が燃え、樹木が燃える(p214)。

 

 面白かったのは、ヘルメース神の神託のあり方で、聞きたいことを神像の耳にささやき、自分で耳をしっかりふさいだまま場外へ出、そこで耳のふたを取り、最初に耳に入った言葉を神託としたこと(p132)、中国では美女の正体が野狐であったり、幽魂であったと分かっても愛の破綻の直接原因とならないが、日本の神話では、女性たちは正体を知られることを全存在の否定のごとき衝撃として受けとめていること(p60)。

 

 ほかにも面白い語源的な話が幾つかあり、こじつけのような気もしますが書いておきます。男を獲得するために、美しく魅力ある女性を餌にして誘い込もうとする。そうした女がオ・トリ(男取)であり、反対語がメ・トリ(娶)になる。女たちはできるだけエロスの魅力を発揮し、男の心をとろかし誘い込もうとした。それがオトリに由来する踊りである(p89)、日本古来の製鉄技術タタラ、この言葉は、タータール族やギリシア神話ダイダロスに至る広いひろがりを持つもの(p186)。

 

 水が重要というところで、「人生は産湯に始まり、死水で終わる」(p267)という言葉が印象に残りました。

四天王寺春の大古本祭りと京都春の古書大即売会ほか

 春恒例の二つの古本市を覗いてきました。四天王寺春の大古本祭りは三日目の日曜日に友人らと集まりましたが、途中で家内から指を切ったと連絡があり、途中で引きあげたので不完全燃焼。神戸アーカムハウス出品の

デューマ竹林章譯『ラインの古城』(三崎書房、昭和16年12月、1000円)

がまずまずの収穫か。ついで不死鳥ブックスの大量の300円均一棚のなかから下記3冊。

芳賀徹/平川祐弘他編『講座 比較文学6 東西文明圏と文学』(東京大学出版会、74年2月、300円)

「WAVE5号 特集:メタフィクション」(WAVE、86年1月、300円)

小山田義文『エドガー・ポーの世界―詩から宇宙へ』(思潮社、7年4月、300円)

 他には、

池田健二『スペイン・ロマネスクへの旅』(中公新書、11年3月、150円)

小倉博史『文化と歴史で学ぶフランス語』(丸善ライブラリー、平成13年3月、300円)

f:id:ikoma-san-jin:20190505065911j:plain f:id:ikoma-san-jin:20190505065948j:plain

 不満を解消しようと、京都勧業館の春の古書大即売会には初日に行きました。10時半ごろ到着していつものようにもの凄い混雑で本を探すのも一苦労、終っての会計も長蛇の列であまりに効率が悪いので、来年は考え物です。探求書が見つからず焦ったせいか、ようやく見つけた一冊を高額にもかかわらず発作的に買ってしまいました。うすぼんやりとした曖昧模糊とした不可思議な境地を歌った怪作です。萩原朔太郎の影響が感じられます。

青柳瑞穂『詩集 睡眠』(第一書房昭和6年1月、8640円)→萩書房にて。

f:id:ikoma-san-jin:20190505070109j:plain

 キクオ書店の500円均一棚から下記二冊。

ジャン・ドリュモー西澤文昭/小野潮訳『楽園の歴史① 地上の楽園』 (新評論、00年11月、540円)

荒川紘『日本人の宇宙観―飛鳥から現代まで』(紀伊國屋書店、01年10月、540円)

他には、キトラ文庫出品の

塚田孝雄『ギリシア・ローマ盗賊綺譚』(中央公論新社、00年3月、1080円)

はタイトルに惹きつけられて。下記はペラペラとページをめくって面白そうだったので。

梨木果歩『f植物園の巣穴』(朝日新聞出版、09年12月、756円)→京都スターブックス出品。

f:id:ikoma-san-jin:20190505070205j:plain f:id:ikoma-san-jin:20190505070233j:plain

f:id:ikoma-san-jin:20190505070305j:plain f:id:ikoma-san-jin:20190505070337j:plain


  オークションでは、「比較文學研究」のしかも探していたバックナンバーが、ごっそりと安値で(12冊100円)出ていたので大喜びで発注、かつ競合は現れず。

「比較文學研究 第6号 特輯:森鴎外と西洋文学」 (東大比較文學會、57年1-12月、8円)

「比較文學研究 第10号」(東大比較文學會、66年2月、8円)

「比較文學研究 第15号」(東大比較文學會、69年4月、8円)

「比較文學研究 第16号」(東大比較文學會、69年9月、8円)

「比較文學研究 第17号 特輯:児童文学研究」(東大比較文學會、70年7月、8円)

「比較文學研究 第18号」(東大比較文學會、71年1月、8円)

「比較文學研究 第19号」(東大比較文學會、71年7月、8円)

「比較文學研究 第20号」(東大比較文學會、71年10月、8円)

「比較文學研究 第21号」(東大比較文學會、72年2月、9円)

「比較文學研究 第22号 特輯:ロシア・東欧文学研究」(東大比較文學會、72年9月、9円)

「比較文學研究 第23号」(東大比較文學會、73年3月、9円)

「比較文學研究 第24号」(東大比較文學會、73年9月、9円)

 ほかに、

塚本邦雄『先驅的詩歌論―詩歌は常に未来を豫見する』(花曜社、87年3月、1020円) 

f:id:ikoma-san-jin:20190505070506j:plain f:id:ikoma-san-jin:20190505070537j:plain

 このところ買い過ぎなのでしばらく古本は控えよう。

G.-O.CHÂTEAUREYNAUD『Le goût de l’ombre』(G・O・シャトレイノー『闇への愛着』)

 f:id:ikoma-san-jin:20190430090239j:plain

G.-O.CHÂTEAUREYNAUD『Le goût de l’ombre』(Grasset 2016年)

 

 7作品を収めた短篇集。シャトレイノーを読むのは5冊目です。「La Belle Charbonnière(美しき炭焼き女)」や『Les Messagers(使者)』のような神話的な雰囲気は後退して、どちらかというとトリックの効いた小説技巧が目立つ現代的なスタイルの作品が多い気がします。死んだ男が語る話、人魚を釣った話、女性ミイラを買った話、20年以上前の福引が当る話、自らミイラになる話、自分の生涯を展示した博物館に紛れ込む話、天国のようなレストランに通い詰めていたら他の客の分まで支払わされていた話など、いずれも奇想天外な話ばかり。

 

 なかでも、各作品に登場する奇妙なトポスに惹かれました。「Le Styx(三途の川)」の三途の川、「L’autre histoire(本当とは違った話)」の大富豪がガラス工芸家の設計で全体を改造した島、「Le chef-d’œuvre de Guardicci(グァルディッチの傑作)」の剥製店、「Tombola(福引)」の60年前に戻ったかのような路地にある手芸店、「L’écolier de bronze(小学生の銅像)」で迷い込んだ見知らぬ街区、「Mangeurs et décharnés(食べる人と痩せた人)」の桃源郷のようなレストラン。

 

 各作品を簡単に紹介します。

◎Le Styx(三途の川)

前回読んだ「Le voyage des âmes(魂の旅)」同様、生から死への境目の話。医者から「あなたはもう死んでます」と告げられ、自ら柩と葬儀を発注し、皆が泣き崩れるなか霊柩車に乗せられ、三途の川をわたって向う岸に降ろされる。皆が帰ろうとする車に我先に乗りこむが曲がり角で振り落とされる。死後の世界をグロテスク・ユーモアたっぷりに描いた好篇。最後の「この川がどこから流れ、どこへ流れていくのか」という疑問は新鮮。

 

〇L’autre histoire(本当とは違った話)

大富豪が自分の所有する島に世界のトップレベルの有名人を招いた。作家の私もなぜか招かれ、みんなと交遊したが、富豪の女友だちの動物的な美しさに感動する。富豪が私を招いてくれたのはある話を聞かせ、それをもとに物語を作ってもらうおうとしたからだ。その話とは、金に飽かして人魚を釣り、傷ついた人魚を癒すためにこの島を買って改造したというもので、女友だちがその人魚と言うのだった。そしてできあがったのがこの本当とは違った話だ。メタフィクションの片鱗あり。

 

◎Le chef-d’œuvre de Guardicci(グァルディッチの傑作)

散歩の途中剥製商の店で若い女性のミイラを見て衝動買いした独身の男。その眼はあるガラス工芸家の手になるもので生きているようだった。夜寝ていると歌声が聞こえてきてミイラだと分かる。そのうち喋るようになり、生まれ故郷はブルターニュと言う。男に恋人ができると、恋人とミイラとは火花を散らす。三人でブルターニュへバカンスに行ったとき、男はミイラに故郷の空を見せるが、その後ミイラは自ら暖炉に身を投げて灰と化す。最後のミイラの自殺が悲しい。グァルディッチは「L’autre histoire」にも出てきたガラス工芸家の名前。

 

◎Tombola(福引)

冒険家の両親がニューギニアの人喰い土人に殺され孤児となった主人公は、強欲な財産家の叔母によって無気力に育てられている。ある日、犬に追いかけられて逃げ込んだ路地の古びた手芸店で20年以上前の福引のポスターを見つけ、明日が景品交換の締切日で一枚引き取り手がないことが分る。翌日、偶然叔母の手芸箱に当たりくじが入っているのを見つける。その景品は今は亡き両親が提供したニューギニア棍棒だった。そしてエピソードの一コマと思っていた怖い犬と福引の景品の棍棒が結びつく意外な結末にいたる。犬は神の使いだったのか。昔の風情をそのまま残した町の路地の古色蒼然とした手芸店の描写が圧巻。

 

〇Le scarabée de cœur(ハート形のスカラベ

幼い頃に二人の女の子と一緒に遊んだ快感が忘れられずに、二人セットの女性でないと満足できなくなった男。エジプト学者である義姉妹と知り合い、片方の亡き夫と男とがよく似ているということから三人で同棲生活を送る。二人の導きでエジプト考古学にのめりこんだ男。やがて二人と別れた後、狂人のエジプト学者の幇助により、自らがミイラになって永遠へと旅立とうとする。

 

◎L’écolier de bronze(小学生の銅像

少数のファンを持つ老詩人。隔年で限定出版をしてきたが、ある日自分の作品を読み返してげっそりして全部廃棄する。自由の身になった夜、雨のなか彷徨っていると、どこか分からない広場に紛れ込み小学生の銅像を見つける。風邪を引きそうだったので近くのホテルに宿を取る。翌朝、受付嬢の純朴さに惹かれる。小学生の銅像が自分の姿のように思え、向かいの博物館に誰の像か聞きに入ると、そこには自分の昔の品々や写真が展示されていた。そして未来のものも。さっきのホテルの受付嬢と彼が裸で抱き合っている写真が…。奇作としか言いようがないが不思議な味がある。

 

◎Mangeurs et décharnés(食べる人と痩せた人)

新しい仕事で知らない町に越してきた主人公。夜偶然入ったレストランには魅力的なウエイトレスがいて、料理もこれまで食べたことがないほどの美味しさ。客同士も家族のような親密な雰囲気だ。会社の給与から天引できると聞いて契約書を読まずにサインし、それから昼も夜もそのレストランで食べた。がひと月が経つと給与はほとんどレストランの付けで消えていた。レストランに抗議に行くと逆に叩き出される。警察に訴えても不注意ですなと説教される始末。それから昼はまずい社員食堂、夜は昼の残飯でしのぐ日々が続く。また給与の支払いが近づいて来た時、ウエイトレスに道で会うと、「店にまた来て、あなたが来ないとだめなの」と言われ、出かけると客は誰もいない。しかししばらくすると顔なじみがニコニコしながら徐々に集まって…。みんな主人公の付けで食べていたのだった。

荒川紘『古代日本人の宇宙観』

f:id:ikoma-san-jin:20190425081600j:plain

荒川紘『古代日本人の宇宙観』(海鳴社 1981年)

 

 引き続き荒川紘を読みました。この本のほうが古いようです。この分野の本はあまり読んだことがなかったので、初めて知ったことも多く、推理小説のようなわくわく感を感じるところもたくさんありました。古代は資料が少ないので想像で補うしかない部分が多く、そのため話が面白くなる傾向があるように思います。大昔、高木彬光の『成吉思汗の秘密』を読んだ時のような感じと言えば言いすぎでしょうか。

 

 物理学がもともとのご専門の人らしく、神話の混沌とした世界のなかに、整合性、構造性を見出そうとしています。それがとても分かりやすく面白くなっている原因です。構想・執筆の頃はちょうど構造主義が流行している頃なので、その影響も大きいようです。

        

 現代のような絶対的な時間軸のなかった古代の人びとが時を数えたり、日や年を数えたりするやり方がとても新鮮に感じられました。一日を日の出から日の入りまでの昼の時間とその反対の夜の時間に分けて、それぞれを六等分に分割して一時(ひととき)としたり、一年を日の出や日の入りの位置からカウントしていたということです。なので昼と夜のあいだや、季節によって一時の長さが異なりました。朝廷が中国から太陰暦水時計を採用し絶対的時間が導入されるようになっても、人びとは生活をベースにした時間の測り方をしていて、例えば役人の出勤時間を季節によって変えざるを得なくなる(サマータイムのようなもの)など、いろんな食い違いが起こっていたとのことです。

 

 主だった論点を下記にご紹介します。

①まず前提として、古代日本を語る際の資料である古事記日本書紀は、外来の思想が到来した後にまとめられたものであり、すでに政治的神話に変貌している。古代日本の心はそれらの資料の背後にあるものから読み取らねば分からない。

崇神にはじまる朝廷が応神・仁徳らに滅ぼされ、それがまた越前出身の継体に倒されというふうに、欽明までの約300年は動乱期であった。そうした大和における過去の事件をあからさまに表現するかわりに、遠方での事件として描いたのが出雲の神話であり、神武の物語である。

③大和盆地の小さな世界のなかで、神話の宇宙が考えられていた。日本全体を意味する「大和」、「秋津島」、「大八島」はもともと大和郷(現在の天理市の一部)、牟婁郷(御所市の一部)の古地名、八島郷(現在の奈良市八島町)に由来し、天香具山がまさに国中の宇宙軸と想念され高天原につながるものとされていた。

④中つ国である大和を中心として、水平面では、東の方向に伊勢さらにその先の常世の国、西の方向に出雲さらにその先の妣の国という軸を設け、垂直面では上の方向に高天原、下の方向に黄泉の国という空間構造が考えられる。もともとの神話空間は、海のかなたの常世の国と妣の国という水平的な空間であったが、王権の確立と並行して垂直的な神話空間が形成されていった。

古事記ではつじつまの合わない部分が散見される。例えば、アマテラスとスサノヲは姉弟関係、コトシロヌシはニニギに国譲りをしたからお互い同世代であるが、ニニギはアマテラスの孫なのに、コトシロヌシはスサノヲの七代後の人。タイムスリップしたとしか言いようがない。また天皇の寿命についても、崇神が168歳、神武が137歳など、100歳を越える天皇が10人近くいる。

 

 不勉強で知らなかった面白い話がたくさんありましたが、下記に。

琉球語が日本語から分離したのは1450年から1700年前、日本語とアイヌ語が分離したのは7000年から1万年前。琉球のオモロやアイヌユーカラのなかには、記・紀に内在する空間構造の祖型ともいうべきものがある(p54~55)。

浮橋というのは筏や船を並べて縄でむすんだ橋で、並べられた船の上を歩いて渡るもの(p107)。また古代では石橋は川のなかに並べ渡した飛び石のことをいった(p108)。

暦は日読(かよみ)を語源とし、聖(ひじり)は「日知り」である(p193)。

朝鮮語カナ(韓)は「大いなる土地」を意味し、それが日本語化してクニに転訛した(金沢庄三郎)(p236)

 

 先日、藤原京跡周辺を散策した際、論点の③にある天の香具山に登ってきました。と偉そうに言っても、標高150メートルほどですが。この本で「国常立神は、宇宙とそのはじまりを象徴するだけでなく・・・宇宙の時間制と空間性を表徴する原理的神であった」(p239)と紹介されている国常立神を祀る神社が頂上にありました。

f:id:ikoma-san-jin:20190425081711j:plain

 

神田の田村書店、天牛書店江坂店ほか

 

 4月初旬に、昔お世話になった先生の文化勲章受章を祝う会があり、東京へ日帰りで行ってきましたが、ついでに神保町を少し回遊いたしました。古書モールと大島書店がなくなっていたのが寂しい。結局買ったのは、田村書店の2階だけ。

JEAN RICHEPIN『LES CARESSES』(FLAMMARION、?、3000円)→詩集。Louis Morinのきれいな挿画が多数。

CLAUDE FARRÈRE『Le grand Drame de l’Asie』(FLAMMARION、38年9月、500円)→日本についての記述が中心のようだ。ファレールは日本についてはあまりいいことは書いていないという評判だが。

Paul Claudel『Poésies』(Gallimard、70年9月、200円)→東京と中禅寺で書かれた詩が載っている。

f:id:ikoma-san-jin:20190420100245j:plain表紙 f:id:ikoma-san-jin:20190420100355j:plain挿絵f:id:ikoma-san-jin:20190420100501j:plain

 大阪では、箕面で昔勤めていた会社の同期会があったついでに、緑地公園で途中下車して、天牛書店江坂店に立ち寄りました。十年ぶりぐらいでしょうか。相変わらず本の山で、結局2階は洋書の棚以外はほとんど見れませんでした。

鶴岡善久『幻視と透徹―詩的磁場を求めて』(沖積舎、昭和58年7月、300円)

吉田加南子『言葉の向うから』(みすず書房、00年10月、300円)

Jean-Paul Hameury『VOIX DANS LA NUIT』(EDITIONS FOLLE AVOINE、00年2月、500円)→知らない人だが、とてもシンプルかつ奥深そうな詩だったので。f:id:ikoma-san-jin:20190420100621j:plain f:id:ikoma-san-jin:20190420100654j:plain f:id:ikoma-san-jin:20190420100723j:plain

 奈良で用事のあった際、フジケイ堂小西通り店で、下記。ちょうど2割引きセールだったので格安で購入できました。

荒俣宏『アラマタ美術誌』(新書館、10年3月、826円)

f:id:ikoma-san-jin:20190420100904j:plain

 オークションでは、同じ出品者から大量に「比較文學研究」を買いました。まだ本は届いていないが、この他にも7冊落札しています。全部で100円、送料の方が高い。

「比較文學研究 第26号」(東大比較文學會、74年11月、25円)

「比較文學研究 第49号」(東大比較文學會、86年4月、10円)

「比較文學研究 第52号」(東大比較文學會、87年10月、10円)

「比較文學研究 第53号」(東大比較文學會、88年4月、10円)

「比較文學研究 第54号」(東大比較文學會、88年11月、10円)→追悼:矢野禾積(峰人)教授

「比較文學研究 第55号」(東大比較文學會、89年6月、10円)

「比較文學研究 第68号」(東大比較文學會、96年4月、25円)

f:id:ikoma-san-jin:20190420101000j:plain

 ほか珍しいところで、下記。

正富汪洋『詩人 スウインバーン』(新進詩人社、昭和2年10月、1000円)